2007年08月28日
ラスタファリズム


1930年11月、エチオピアで皇太子ラスタファリ・マコネン(※1)が皇帝の座につき、ハイレ・セラシエ一世となった。ハイレ・セラシエとは古代エチオピア、アクスム王朝のシバ女王とエルサレムのソロモン王いわゆる末裔でエチオピア皇国第225代目、ユダ族の血筋をひくとされる。

このニュースを知った何人かのジャマイカ人が、「全黒人の救世主」の誕生と受けとめ、ジャマイカの黒人指導者マーカース・ガーベイの教えを軸に、聖書、特に旧約と黙示録からの独特の解釈を持った反白人キリスト教的な思想をつくりあげた。ラスタファリズムとはその皇太子(ラスタファリ・マコネン)の名前から由来する。
当時の時代背景としてジャマイカはイギリスによる長い植民地支配と自然災害によって絶望的だった。救いを求めて特に下層階級の人々を中心にこれらの信者が現れた。
ジャマイカ人自らをイスラエルの失われた十二部族の末裔とし、ZION(※2)なるアフリカ・エチオピアへの帰還を熱望。ハイレ・セラシエをキリストの再来とまでみなした。
初期の信条には「まもなく黒人は、過去の残虐さゆえに白人に復讐し、白人を服従せしめるであろう」という過激なものでイギリス側から相当な弾圧を受けた。
ラスタファリズムにおいて、ハイレ・セラシエ1世をジャー(Jah)とも指す。
神様を表すエホバ(Jehovah)の略。
ラスタファリズムの神である「ジャー」のことを黒い肌のキリストと捉えることもある。
ラスタファリズムを信仰する人間(ラスタファリアン、口語では男性はラスタマン・女性はラスタウーマン、もしくはラスタ)は好んで「jah(ジャー)」という言葉を使う。
よくボブ・マリィーがライブでいう「ジャー・ラスタファーライ」も同じ意味。


ラスタカラーはラスタファリアンカラーの略語で彼らの聖地であるエチオピア国旗の色。
一般に赤・緑・金色(黄色)だが、正確には黒、赤、緑、金色(黄色)。
これはジャマイカ独立のために戦った黒人戦士の黒、戦いで流れた血の赤、ジャマイカの自然の緑、ジャマイカの国旗の金色(太陽の色)を表す。ジャマイカの国旗の色は緑・黄・黒が基調。
ラスタファリ運動の指導者マーカス・ガーベイが組織したUNIAでは赤・黒・緑の3色を基調。これをラスタ・カラーと呼ぶという説もある。


ラスタファリアン特有のドレッドヘアスタイルは、旧約聖書の「汝の頭に刃をあてるな」(※3)という教えからきているといわれる。たとえ髪の毛であっても自らの身体に刃物を当てることを禁じた結果、絡まって房状になった髪型のこと。正確にはドレッドロックス(ドレッドdread=恐ろしい、locks=房状の)と呼ぶ。白人社会への反抗のシンボルでもある。しかし、現代においては必ずしもラスタ=ドレッドヘアというわけではない。


自然回帰指向のラスタファリアニズムにとって、ガンジャは神聖な草である。もともとは呪術的な色の濃いアフリカ土着的な宗教主流だったころから、ガンジャは薬草として扱われてきた。
ラスタ出現以降は、ガンジャの吸引はバビロン社会への反抗の手段という意味にもとれる。ラスタ思想において、ガンジャは精神をより穏やかなものにする、とされている。
ガンジャはもともとはヒンディー語である。イギリスの植民地であったジャマイカに、ヒンドゥー教徒のインド人労働者が入植した際、大麻の種子が持ち込まれて普及した。これがジャマイカでもガンジャと呼ばれるようになった由来と言われている。
ガンジャを神の草として喫煙するのは、旧約からの教えという説もある。
従ってレゲエでは一貫して、歌詞やその他ライフスタイルを通して、ガンジャの使用を勧めている。
例えばボブ・マーレィのアルバム『キャッチ・ア・ファイア』のカバーにおいて、彼がガンジャの煙をくゆらす姿が載ったのは議論を呼んだ。ピーター・トッシュも大麻解禁に賛成の運動をしており、『リーガライズ・イット』(邦題『解禁せよ』)というアルバムも出している。しかし一方で、ジャマイカには厳しい反マリファナ法があり、ピーター・トッシュも複数回投獄されている。

※1
エチオピア南部のショア地方の貴族の子として生まれる。
血縁上はアドワの戦いで名を馳せた英雄メネリク2世の従兄弟の子にあたる。
幼少の頃より聡明で若くして各地の州知事を歴任した。
1916年のクーデター後、メネリク2世の娘で女帝として即位したザウディツの皇太子、そして摂政となり実権を掌握する。ザウディツの死後、1930年4月即位。
1936年〜1941年、エチオピアがイタリアに占領されていた期間 (→イタリア領東アフリカ帝国)は英国に亡命。
大戦後は、アフリカ統一機構(OAU、現アフリカ連合)設置に寄与する。優れた政治能力を発揮したが、内政をおろそかにしたため1974年に陸軍のクーデターで逮捕・廃位され、拘禁中の1975年に死去(メンギスツに暗殺されたという説もある。)
長らく遺骨は行方不明であったが、メンギスツ政権崩壊後の1992年に旧宮殿敷地内から発掘され、2000年にアディスアベバのトリニティ大聖堂内の墓地に埋葬された。
息子のアムハ・セラシエはアメリカに逃れ、1989年には皇帝を称したが、1997年にバージニア州で死去している。
1956年に来日。大の親日家であり明治天皇のファン。1934年、甥であるアラヤ・アベベ皇太子と、黒田子爵の次女黒田雅子との縁談があったが、エチオピアを狙うムッソリーニの干渉により破談になった。
日本の昭和天皇と深い交流があり、勲章、大勲位菊花大綬章を授かっている。
ハイレ・セラシエの称号
king of kings, lord of lords, his imperial majesty the conquering lion of the tribe of judah elect of god.

※2
ZION(ザイオンと読む。新グローバル英和辞典での直訳は@シオン:エルサレムにある丘.Aイスラエル;(集合的)ユダヤ民族. B 天の都, 天のエルサレム;天国. C(ユダヤ人が理想とした)神政政治;キリスト教会)なる

※3頭髪の一部をそり上げたり、ひげの両端をそり落としたり、身を傷つけたりしてはならない」
「その子の頭に剃刀をあててはならない。彼は、ペリシテ人の手からイスラエルを解き放つ救いの先駆者となろう」



posted by ジャマイクン at 22:20 | TrackBack(2) | 文化(衣・食・住)
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53071654

この記事へのトラックバック

雑誌特集のための「ジャマイカ キングストン取材記(Part.2)」
Excerpt: ファッションエディター青柳さんのスーツケースがエアに積まれてなかったといういき...
Weblog: 専門家や海外ジャーナリストのブログネットワーク【MediaSabor メディアサボール 】
Tracked: 2008-03-17 08:58

愛知県 - 直あど交換所
Excerpt: 地域別お相手検索機能で直あど交換!
Weblog: 愛知県 - 直あど交換所
Tracked: 2014-05-01 04:27
ここから
ジャパレゲPV動画へジャンプ
RYO the SKYWALKER
PUSHIM MINMI 湘南乃風
横浜レゲエ祭 HIGHEST MOUNTAIN
ここからジャパレゲPV動画へ
ジャンプ
MICKY RICH RANKIN TAXI
NG HEAD TERRY THE AKI-06
ここから
ジャパレゲPV動画へジャンプ
三木道山 MIGHTY JAM ROCK
ここから
ジャパレゲPV動画へジャンプ
Home Grown
KENTY-GROSS
KEN-U CHEHON KEYCO
FIRE BALL Spinna B-ill
NISSIN MUNEHIRO
九州男 MIGHTY CROWN
ここからジャパレゲPV動画へ
ジャンプ
HIBIKILLA YOYO-C
BIGGA RAIJI
MOOMIN NANJAMAN
DOMINO KAT ARARE
CORNHEAD
ここからジャパレゲPV動画へ
ジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。